トルコ三昧

(FREE・非売品・取材動画ご紹介)

「2017 トルコ三昧」
・イスタンブル ・イズミル ・エフェス ・クシャダス ・ディアルバクル
トルコ三昧とは....他にそれほどの物は無いと、これがトルコの日常風景で、目を閉じれば見えてくると、聞こえてくるといふのです。

「もうウンザリだ?」
「帰国後も頭ん中からジュワぁ〜と聞こえる?」

さて、彼がここを訪れるのは8回目。1回は「NOW」 他は出発前のルーチン「Googleストリートビュー・シュミレーション!」で5回、残りの2回は必然的に「夢ん中」
 目を閉じても歩けるまで...

...頭ん中が「トルコ三昧」の状態で、自宅の杉並区から成田に向かう。 忘れるので途中では一切しゃべらない。 あとは、成田空港の何処かに、自身の「日本の常識」を隠せば、すべてが整う.. 旅立ち...

 ついでに書いておきますが、旅先が決ったら・・
 1:旅先の国歌独唱(アカペラでペラペラ)
 2:小学生の教科書、〇暗記(歴史の部)
 3:旅先での名前を決定(ジャ〜ニ〜ネ〜ム)
 4:夢に出てくるまでに、シュミレーション!
 *まだまだあるのだが、最低限は1〜3。
  ハイ #旅の秘戯(旅立ち前が99%)

 *最後ですが、彼の旅は「ビジネス」
 #旅の秘戯(かすり傷さえ許さない旅)

 #旅の秘戯(トルコ三昧)



 サラート(拝礼)
 アザーン(呼びかけ)
 ミナレット(拡声機)


販売価格 0円(税込)
購入数


Top